3: コロン◆yEkKt7TKiA 2017/07/21(金)21:14:45 ID:omq

結婚式披露宴でよくある、新郎新婦の生い立ちの話。
思い出の写真が映されながら、誕生から幼少期、学生時代、
そして二人の出会いなどを司会者が語る。

ちゃんと聞いていると「二人の出会い」があいまいな場合がある。
「共通の趣味を通じ出会い」だけですまされる場合は、ほぼ出会い系である。

二人の門出である結婚式で、「出会い系で知り合った」というのは印象がよくない。
そこで使われるのが「共通の趣味」という言葉。

ちゃんとした趣味ならば、その通り紹介するはずだが、
「出会い系サイトで」などと言ってしまっては、会場は変な空気に包まれてしまうので
よい印象だけが残るように、司会者が言葉を選んでいのだ。

他にも、婚活パーティーを「イベント」、ナンパを「運命的な出会い」、合コンを「食事会」や「共通の友人を通じ」などと言い換えているそうだ。

ちなみに九州南部で現代でも密かに行われているという、男性が女性を無理矢理連れ去って妻にする「おっとい嫁じょ」(誘拐婚)の場合は「新郎の強烈なアタック」と言われているらしい。

引用元: ・【都市伝説】第5回都市伝説を語る会管理人が選ぶ【50選】