2: コロン◆yEkKt7TKiA 2017/07/21(金)21:11:30 ID:omq


スマホの利用者が増えた昨今、“歩きスマホ”する人が社会問題となっている。
スマホの操作に集中するあまり周囲への注意が散漫になり、事故が増えているそうだ。

そんな中、“歩きスマホ”をしていた人が赤信号を無視して横断歩道を渡ろうとする事案が、とある地域で頻発しているという。

目撃者いわく、赤信号待ちをしている間もずっとスマホをいじっていた人が、青にもなっていないのに唐突に一人で歩き出したというのだ。

幸いにも周りの人が引き止めたおかげで大惨事になることは避けられたそうだ。
どうしてそんな危険な行為をしたのか、“歩きスマホ”をしていた張本人達に聞いてみたところ、皆が口をそろえてこう言ったそうだ。

「隣の人が歩き出したから、信号が青になったと思って歩き始めた。」

しかし不思議なことに、そんな“歩き出した人物”を目撃している人は誰も居ないのである。
その“歩き出した人”はどんな人物だったかを聞くと、これまた皆が口をそろえて「小柄なおばあちゃんだった。」というそうだ。
実は最近その付近では、“歩きスマホ”していた人がおばあちゃんにぶつかり、その弾みで車道に押し出され、轢かれて亡くなるという痛ましい事故が起きたという。
ひょっとすると死んでしまったおばあちゃんが、自分を死に追いやった“歩きスマホ”をしている人を呪い殺そうとしているのかもしれない。

もしあなたが“歩きスマホ”をしているならば用心した方がいい。
その周りの人が生きている人とは限らないのだから・・・

引用元: ・【都市伝説】第5回都市伝説を語る会管理人が選ぶ【50選】