1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/17(火)10:55:27 ID:3JK
人間を超える存在からの言葉を伝えてくれる人からの言葉と、その意味を考えるスレです。

引用元: ・仲介人の話

2: 名無しさん@おーぷん 2016/05/17(火)12:41:29 ID:X6P
>>1
乙です。ありがとうございます。

3: 名無しさん@おーぷん 2016/05/17(火)22:44:40 ID:XmE
仲介人とは、またなんと的確な名前と感心したが
どうも俺の勘違いだと気づいた

仲介人=神界の存在 じゃなくて、媒介する人間のことなんだな
そりゃあそうだな…
ともかくもスレありがとうございます

4: 名無しさん@おーぷん 2016/05/17(火)23:53:38 ID:5iz
>>1
お疲れです。

5: 名無しさん@おーぷん 2016/05/18(水)09:00:12 ID:Vo6
こっち使わないなら懐かしいばあちゃん予言(2010、2011)から抜粋。

パナマ後に読むと意味深。

・新たな人々が知っている真に必要なものとは自律。依存しない心、もしくは疑問を持つ健全な心。
・彼らがすることは現代からの脱出、自律。これが本当に大きな意味を持つ。
・近いうち(5年以内)に彼らによって大人達が築いた社会は破壊される。
・流行が完全に終わる。無くなる。
・日本で今まで安定していて永遠だと思っていた何かが突然終わり、パニックになる。
・金貸し(金融)の完全規制を検討する国が現れて、世界中で議論が沸騰する。
・経済か治安か、ともかく大都市神話が崩れて、都市脱出が真剣に検討され始める。

・ただね、当たると思って何もしないのが一番ダメなこと。
より良い明日、より良い心、より良い人生、そういうものを求めた人が結局は残る。

6: 野火 2016/05/19(木)21:09:42 ID:9x4
オッサンがスレ名に要らぬ頼みをしたゆえに、書きにくくなっただろうか
出雲?の神さんの話をするスレでいいので、わいわいやっててくださいよ申し訳ない

ただ、出雲の人が書かなくなったら枯れるスレでは勿体ないかと思ったのだ
オッサンの上も言いたいことはあるらしいから、内容で元スレと使い分けて書きに来ます

8: 名無しさん@おーぷん 2016/05/19(木)23:33:36 ID:wV8
>>6
わー野火さんだ。
お待ちしています。

9: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)00:36:13 ID:J8R
>>6
上の方の言いたいこと、楽しみです

7: 名無しさん@おーぷん 2016/05/19(木)22:38:57 ID:3tl
仲介人と聞いて出雲の神さんを想像できる人って
ほとんどいないと思うよ。
出雲の神さんを知ってる人でも、まず辿り着けないスレタイなんだから
過疎るのは仕方ない。

10: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)21:25:44 ID:v0z
最初は良スレだったのに、カルトな方々が暴れ始めて怪しくなってきているよ、旧のスレ。
だからこちらで出雲の神さんの書き込みについて議論始めた方が良いと思う。
無論他の視える人たちの書き込みについての議論も交えつつ。

出雲の神さんの書き込みを見て個人的に愚考したことを落としてみる。
山林保全について全面的に見直す必要があるのではないか?
1940年代に一度全国が禿山だらけになって以来そのあたりが危うくなっていて、その状態を約70年引きずってきたためにあちこちで何かとガタが来ていると思う。
そういう隙ができているからこそ外国資本による買収なんかも招いているかと。

11: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)21:51:34 ID:qro
>>10
森林資源はもっと大事にして欲しいよね。
でも外国から安い木材が入ってくるから、林業じゃ生計立てられないんだよね。
んで手入れされてない木が増えて、チップにしてバイオマス発電とかちょこちょこできてるけど、
数ができすぎて木材の取り合いにならなければいいと思う。

森の状態は海まで影響があるからね。

12: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)22:51:14 ID:v0z
>>11
戦後の財産税などで山林地主が没落、
戦後に杉ばかりの植林をやり過ぎてしまった、
とかの問題もあります。

13: 名無しさん@おーぷん 2016/05/21(土)00:27:54 ID:5xG
出雲の神様の話は、どこかで読んだ八幡様のお告げを思い出すよ。
八幡様は、けった?かなにかを奪われたと書かれてあったから、神様の世界は想像を超えるような混乱期なのかもしれないね。

14: 名無しさん@おーぷん 2016/05/21(土)22:08:57 ID:7Jt
我が国のマジョリティは元々“山の民”だった。
1920年代~1970年代に、我が国が持たざる国に転落して、地方や農業から都市圏や商工業への決定的な人口移動が起こったために、今は「都市郊外の民」がマジョリティになった。
1940年代に始まった、不動産権利関係細分化虫食い化と東京一極集中も、決定打だった。
かくして、我が国の自然や資源や文化財や地場産業などと、多くの普通に生活する人々の日常が、乖離した。
根本から見直さないと対処し切れないのではないか?と個人的に愚考する。

15: 名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日)20:24:10 ID:gKg
>>14
そういう視点は大事だ
更に違う視点を加えてみると
人間は文明とともに山や里山の自然から徐々に離れてきた
これは人間の精神がエゴの思考と一体化し、肉体の内にある
生命エネルギー感覚から離れてきたことと深く関係している

16: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)12:01:01 ID:oNY
祟られ屋マサのシリーズ、半分以上創作だろうけど、その中の オイラーの森 というタイトルの話に
木は気を地中から吸い上げてうんたら って話があったのを思い出した。

17: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)22:22:35 ID:KUa
自然の脅威や災害に見舞われて、
自然破壊や公害も起こして、
そうして度々問題に直面しながら、
その都度向かい合って克服してきた、
それが太古から今日に至る我が国だ。
ヤマタノオロチから福一事故まで。
一説では、
戦前まではさすがにパーフェクトとまではいかないもののかなり優れた災害や公害などへの対策が為されていたが、
大戦で余裕が無くなったためにそれらが行われなくなって、
その結果戦時中から昭和30年代にかけて災害や公害が決定的に酷くなって、
その後対策されるまで大変だったとか。
あと我が国では災害やそれに伴う被害などが多い時期が周期的に訪れていて、
平安遷都直後と応仁の乱直前と戦時中~占領期がそうだったとか。
東日本大震災は600年に一度規模だった。
そんなわけで2025年までは土佐沖~富士山を中心に全国的に気を付けておいた方が良いと思う。
ただし警戒と対策は無理の無い範囲で着実に。
そして1940年代以降は以下のケースがポピュラーになっていることにも注意。
・災害そのものよりそれに伴う人災の被害が大きい
・事故と思いきや事件
・偶発やミスに見せ掛けた意図的計画的犯行

18: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)22:32:39 ID:KUa
市街地を郊外に拡散したり過疎地を無理に維持するのをやめて、
開発や居住を地方都市人口密集地に集積して、
あとは自然に還すか農地にするかした方が良いと思う。
防災や福祉の面から考えても。

19: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)22:45:48 ID:w1D
自然を放置するのが防災になる?
それ本気で言ってるの?

20: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:05:59 ID:KUa
いきなり放置はさすがにダメだ。
必要な処置は行いながら徐々に手を引いていく感じが良いと思う。
完全に手を引くのは無理かもしれんが、
最小限の手出しで大丈夫になるように取り計らっていく感じが良いと思う。

21: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:08:26 ID:oNY
何千年もかけてちょうどいいバランスになっている自然なら放置が最適だけど、
一度人間がバランスを壊した土地を戻すには何十年何百年か管理してからでないと放置は無理でしょ。

22: 名無しさん@おーぷん 2016/05/24(火)02:15:01 ID:Zsx
アマゾンのジャングルですら人の手が入って形成されたそうで、
人の手が入っていない完全に放置された自然は存在しないという説すらある。
しかし自然に手を入れ過ぎないとか手を入れるのをできるだけ少なくしようとする必要はあると思う。

23: 名無しさん@おーぷん 2016/05/24(火)06:28:58 ID:P14
向こうの専用スレに出雲の神さんが来たよ

24: 名無しさん@おーぷん 2016/05/24(火)23:59:45 ID:Zsx
戦時中~占領期に全国を禿山だらけにした後に、
杉ばかり整列させて植林しまくったでしょ。
あれを時間をかけてでも直さないといけないんだよ。
様々な広葉樹が入り混じるように植林し直すとかして。
そういう公共事業もありかと思う。

25: 名無しさん@おーぷん 2016/05/25(水)01:18:48 ID:3Wm
出雲の神さん氏降臨は喜ばしいが、
色々ないまぜにして人は分からぬ様になさろうとされるお方がまだ取り憑いてるので、
せっかくの投下を台無しにされないよう気を付けていただきたいところ。

26: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)00:08:59 ID:BVc
サルマン・ラシュディの劣化バージョンが向こうのスレに取り憑いた。
イランが西側と和解されてはお困りの方なのだろう。
多神教を標的にしてるとアピールすれば大丈夫と思い込んでるらしいが。

27: 名無しさん@おーぷん 2016/05/29(日)00:22:49 ID:uAh
できるだけ高い次元と“仲介”するためには、まずテレビを一切観ないこと

自分の思考の肉体的限界を思い知り、より高い視点からの援助を心から望むこと

呼吸をするように常に、胸の内側に意識を向け、胸の内側~腹の奥~次元を裏返すように身体の外側のオーラ場へ出て“仲介”する

慣れれば常にオンにできるようになる
己の思考をオフ、仲介をオン

29: 名無しさん@おーぷん 2016/05/30(月)22:37:27 ID:d0C
>>27
自分の内側をひっくり返して外側に触れさせる…
以前おっしゃってらしたドーナッツともまた違うんですね?

30: 名無しさん@おーぷん 2016/05/30(月)22:43:14 ID:LhH
>>29
魚鱗癬

31: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)06:26:19 ID:xTq
>>29
奇妙な言い方ですまんです
はい、以前別スレで書いた私と公のドーナツ感覚とは違います
内側の奥へ感覚を持っていくと、ある時点で“裏返る”ように身体の外に出る、
どうも、そうとしか言いようがないのです

28: 名無しさん@おーぷん 2016/05/29(日)03:38:32 ID:ruH
昨年の2月から部屋のTVが壊れて見れない‥。ラジオとネットに依存中‥。

32: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)10:00:45 ID:4ii
なんだか気功っぽい感じがする。
小周天に慣れてやりつくしたら
大周天で外に出るような。

外に出ていった後、自然に自分へ還ってくるのかな……なんてのは妄想だな、たぶんw

33: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)19:55:59 ID:XvO
書こうと思うと、ドドドッと情報が送られてきて、それをほどいてまとめ直すに又時間がかかるという
困ったものです

まずはテレビなど止め身心の波長を上げる、内側に深く入って外側のエネルギー体と繋がり直す、
続く問い掛けは祈りに似ている
俺はかなり問い掛けに時間をかけます
問い掛けのピントがずれていると答えを受け損ねる

本当に知りたいことか、自他にとって意味の深いことか、
さらには“本当に判らない”から聞きたいのか、
判っているのに神託そのものにエゴ的な興奮や興味があるだけなのか
自分なりに厳しく問うてから質問をするようにしている
質問は神託への姿勢だ

34: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)20:53:58 ID:j6r
ごく個人的な関心から尋ねたいのだけれど、
そのように高次の存在と関わりを積極的に持つことに、初めは畏れはなかったのか。
それとも否応なしに、あるいはごく自然に、そうなったのかお訊きしたい。
神と表現すべき存在はいると確信もしているし、その言葉を託される存在も信じている。
けれど己もそうなれる可能性があるとしてもすっげぇ怖いからやだ…と思う者としての疑問。

まぁ私のこの畏れは相手(高次の存在)への信頼が足りてないだけかもしれないけれども。
あと単にそういうお役目にないとかね。

35: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)22:05:00 ID:XvO
>>34
自分自身の感覚では、ごく自然な流れでいま在るようになったように感じます

人生の途中で身心を病み、回復の道程の途中で魂について学びました
健康を取り戻す個人的な行程のその先に、大仰な言い方を許して頂ければ…人類そのものの病を開いてゆく行程があり、
それが脱エゴの過程、より高い意識に自己を開く過程であった
だから最初から神託を得ようなどと思う余地はなかったです

36: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)22:49:32 ID:j6r
>>35
貴重なお話ありがとうございます。
そういうゆるやかな過程もあるんですね。

37: 名無しさん@おーぷん 2016/06/03(金)17:09:47 ID:OoN
やっぱり言葉を託される人はそういうお役目なんだろうな、という気がする……。
心身を病むことはつらいことだし、たいへんな道のりだったろうと思うけども。

もう少し尋ねてもいいかな。
ここに仲介の感覚を書かれるということは、できれば多くの人が高次の存在ともう少し積極的に関わりを持つほうがいいと感じておられる?
それともそういう意思のある人向けのメッセージなのか、あるいは独り言的なものなのか。

38: 名無しさん@おーぷん 2016/06/03(金)22:33:35 ID:eck
>>37
そう言われて考えてみたが、単に俺には他に書ける内容が無いから、書いているのかもしれない(笑)

俺のグダグダより上からのメッセージをダイレクトに書くほうが面白いかもしれんね

39: 名無しさん@おーぷん 2016/06/04(土)01:02:05 ID:AG4
>>38
いやいや。
個人的に興味があって訊きたかっただけで充分面白いです。
他に書ける内容がないということは書く必要があることなのかもしれないですから、書きたいことを書かれたほうがありがたいです。

40: 名無しさん@おーぷん 2016/06/06(月)23:39:36 ID:xuM
せっかくだからこちらに書かれた方が良いと思います。
向こうのスレが半ば機能しなくなっていますし。

41: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)10:16:46 ID:q2P
元のスレはまるで鬼女板の御一行スレのような有様ですが
やはり東宮関連のオカルト事はあちらに(も)書いて頂きたいと思います。

42: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)22:16:23 ID:QuO
出雲の神さんスレ、せっかく降臨してくれたのに、引き上げちゃったよ。

43: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)22:40:31 ID:9W3
荒らしにやられたね

44: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)23:04:00 ID:MFP
例の人は他のスレでも荒らしてた

45: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)23:42:21 ID:0pY
見ていなかったのでざっと読んできました
あまり荒れているようには見えなかったが

神託やら霊言を不特定多数に読めるように書くのは確かに難しいから、
控えたご本人さんの気持ちは判るがなあ
皆さん、読み解きやら情報集めが好きだから

46: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)00:40:07 ID:uj3
>>45
にーがたの人は色んな所を荒らしてるからね

47: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)00:55:40 ID:uKc
あのスレには最初から新潟くんのお仲間が入り込んでたけど、
新潟くんがやってきてトドメをさされたね。

48: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)01:21:32 ID:kQX
出雲の神さん氏が気の毒ですね

彼は畏み畏みお言葉を頂いていたのに、前スレの自己主張激しい連中でスレが荒れて、彼の神さんの言葉を蔑ろにする連中が多いと受け取ったんだろう、神さんのことを考えれば肩身が狭かろう

彼は雑談したいわけじゃないだろうし戻ってくることはないと思う

49: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)01:40:07 ID:uKc
「出雲は大和に弾圧された被害者だから我々は出雲の味方」
こういう勘違いで擦り寄ってくるのが、
荒らしや工作員の特徴であり、
出雲の神さん氏を苦悩させた一因。

50: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)01:57:22 ID:kQX
彼のいった、
大洗とヒトワケ?の解釈だが、
私は大本教的な、立替と善悪の立て分け的なものと理解しているが、
皆さんはどう解釈されていますか?

我よしの戒め、です

人が人のようでないから何度も同じ様になるのだと
種まきしてもその種を拾うて食うたり
酒をまつろうと思ってもその酒をのんでしまったりして
カクツチの神さまがあれもこれも焼き払ったのに人は変わらぬもので同じ様にするのか
我のままでそれを望むような人は真っ先に大洗してしまうぞと……

人が人のようでないなら大洗してしてしまえばいいではないかとサシカム、シモカム、サムカムもそうおっしゃってワタツミの神に願いでではいかがだろうか等と申しているので
それを聞いていた諸々の神さまはふるえあがっているところへ……

51: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)02:41:17 ID:uKc
「阿蘇の神様って人間臭いところもあるな。」
という意見も出ていて、
自分はこれに賛成したが、
皇太子スレでこれ言ったり賛成したりすると怒られそうだ。
「神にとって人間なんて猿扱いなんだね
それに賛同しない奴は一神教過激派だけだね」
が出雲の神さん氏の投下に対する皇太子スレの統一意見だから。

52: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)06:12:32 ID:KnB
>>51
統一意見ではないでしょ。
あっちではスレチになって深く掘り下げられないから、反対したくてもできなかったんじゃないかな。

53: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)10:27:45 ID:KgK
猿扱いという語そのものが人間は猿より上位の存在であるという驕りが見えてあのレスには好感が持てなかったよ

54: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)17:57:21 ID:vTU
新潟くんって何なの?
裏藤とか良くわかんないこと言ってたよね

55: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)19:03:50 ID:KnB
猿でも鯨でもいいけど、人間は悪意を持つ馬鹿がいるから一緒にしたら猿や鯨に失礼。

56: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)22:22:31 ID:uKc
「神が人間を贔屓するわけがない
人間が自然より上位なんて思い上がるのはおかしい」
「神に最も近いのは人間です
人間が自然をコントロールしなくてはいけません」

というふたつの相容れない考えが同時に出てて、
どちらも逆らう者に容赦しないスタンスは共通。

どうしよう。

57: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)23:14:55 ID:jPy
人間が自然をコントロールてキリスト教の教えやん

58: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)23:46:34 ID:uKc
「神の代理として人間が自然をコントロール」
という教えの反動から、
鯨教徒になったりするのもキリスト教白人とその追従者の特徴。

59: 名無しさん@おーぷん 2016/06/08(水)23:51:46 ID:kQX
人間も自然の一部で良いだろう
しかしながら他の動物よりも知力はあるので、それに対して責任が伴うということで

60: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)00:03:12 ID:BhV
良くも悪くも神の場である自然に大きく干渉したり
感情で波動といえばいいのかな、そういうものを動かすことが、
他の生き物より大きそうだから確かに責任は大きいと思う
そういう意味でなら神々は人間を他より目をかけているとは思うよ、注意深く
でも他の動物より優れてると言われるとしっくり来ないな

61: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)00:44:19 ID:jrB
人間が自然と共存共栄する未来は来ると思う
そのとき人間は自然との共鳴力を取り戻しているだろう

自然のために人間を取り締まる保護エリアと、
里山のように手を入れ共存共栄するエリアが
世界に広まるだろう

62: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)01:46:04 ID:RcS
出雲の神さん氏はじめまっとうな仲介人の言葉についての議論が必要だけど、
新潟くんのようなヤバい方向の仲介人への監察と対処も必要だと思う。

64: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)10:32:07 ID:g6C
>>62
後者に必要なものは、良心と常識と理性で

仲介人は、良心と常識と理性を極めたそのうえで神秘的なものに接さなければ良くないものに振り回される

66: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)22:29:25 ID:RcS
>>64
新潟くんとそのお仲間は、独特の良心と常識と理性を持っておられるので、
連中の独特の良心と常識と理性の内容を分析すると面白いと思います。

63: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)05:10:47 ID:F2x
魔境に落ちた人なのかな?
それならまっとうな仲介者の方には対処は難しいと思うんだよね。
テレビと同じで見ると自身が乱される。

65: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)16:17:04 ID:hRd
>>63
新潟くんは、何故か真言宗の護摩を拝火教呼ばわりして異常に恐れていた
恐らく、低級な悪霊に取り憑かれている
すぐにでもお寺で護摩焚いてお祓いしてもらわないとヤバい

67: 名無しさん@おーぷん 2016/06/10(金)23:51:45 ID:jqE
新潟くんとお仲間たちの特徴。
国津神を天津神に、多神教を一神教に、それぞれ「反逆」させようとする。
これを試みた人物に小沢一郎もいたりする。

68: 名無しさん@おーぷん 2016/06/11(土)12:59:14 ID:yd4
>>67
小沢一郎の件は「アテルイの子孫」発言か
「騎馬民族征服王朝説」発言のどちらだ?

69: 名無しさん@おーぷん 2016/06/11(土)21:18:14 ID:QFe
>>68
小沢一郎たちの歴史や宗教の関係の発言はほとんど新潟くんと同類ですよ。
改革フォーラム「21」だし。

70: 名無しさん@おーぷん 2016/06/13(月)08:53:44 ID:GaL
オカ板住民は枝葉末節のゴミ情報集め過ぎて思考に振り回されすぎ
人間が頭で屁理屈こねるよりもっとビッグでシンプルなのが天の道だよ

71: 名無しさん@おーぷん 2016/06/13(月)09:13:49 ID:Wiq
>>70
偽物は粉飾して、裸の王様の服屋みたいにする感じかな?
わからない人は馬鹿ですよ。わからない人は発言権ありませんよ。
みたいな。
それに引っかかる住人。
知識をパズル感覚で使うのは楽しいことを逆手に取られている?