7: コロン◆ENKjnNhmFQ 2015/07/17(金)21:09:13 ID:uXe

日本には世界に誇るスーパーコンピューターがある。
その名はスーパーコンピューター京。
名前の由来は計算速度が毎秒1京回というところから来ている。(凡人には理解できないのだが)
スーパーコンピューターは各国がこぞって開発をしているのだが、ここでちょっと不思議な現象が起こっている。
スーパーコンピューターは非常に大きなデータを扱えるため、地球規模での気候変動予想にもよく使われるのだが、その不思議な現象は地球温暖化シュミレーションの最中に発生する。
過去50年分の気温や湿度などの数値を入力し、今後数十年でどれほど気温が上がるのかシュミレーションさせたところ、
きまってある年にエラーが発生する。そのエラーとは地球上の平均気温がある年を境に急激に上昇し、およそ摂氏100℃近くになってしまうのだ。
前年度比+75℃という急上昇ぶりだ。もちろん最初はどの学者も「これはマシンのエラーだろう」と気にもとめていなかった。
ところが世界中のどのスーパーコンピューターを使ってもある年に気温が急上昇してしまうらしい。
一部の学者は、「これはスーパーコンピューターを通じた神の予言ではないか」と真剣に考えている者もいるらしい。
パニックを防ぐため公表はされていないが、それはそう遠くない未来の出来事といわれている。

引用元: ・【都市伝説】第3回都市伝説を語る会管理人が選ぶ【50選】