1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)19:45:27 ID:K5bnbkt58
語ってください!

2: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)19:50:56 ID:gZMY905ZF
自分の周りにリア充が多いこと
しかし自分には相手がいない

ある意味怖い話

3: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)19:55:25 ID:UCSJTcIMn
最近なんだが、朝起きると枕に髪の毛が落ちてる。
たぶん呪われてるんだと思う。
不安とストレスでハゲそう。

4: 名無しさん@おーぷん 2014/08/27(水)18:16:11 ID:nDIPt4YuT
ハゲばっかじゃないすかwwwwwwwwww

5: 名無しさん@おーぷん 2014/08/27(水)18:17:55 ID:nDIPt4YuT
ちゃんと頼みますよマジで

6: 名無しさん@おーぷん 2014/08/27(水)18:34:13 ID:nDIPt4YuT
ID変わってもうてるがな

7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/27(水)22:11:53 ID:r2KiSM6K6
今年があと4ヶ月ってことかな

9: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)08:12:29 ID:a4efBf0f5
ネタではないと先に言います。
初体験が、幽霊とでした。気持ちよさに目が覚めたら、違和感と声が掠れていたので……。
そのあと、一回。未遂が三回。
何が怖いっていうと。聴いた話だと、三回交われば死ぬと聴いているので。

27: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)12:16:56 ID:0xugmZg1C
>>9
ネタじゃなくてもそれ、気持ちE話だろ
最高の終わりじゃないか
ってか、思春期に皆経験しとるわ(笑)

10: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)04:05:58 ID:wkNWbm8YA
高校三年の夏休みの時の話。

同じ高校のKとMの2人と俺は一緒に勉強をしていた。
集まり出したのは、公民館で会ったのがきっかけだ。

クラスは違ったが、3人共同じ中学。
クラブ活動とかも忙しかったし、一二年はつるむことが無かった。
けれど穴場のスポットである公民館でバッタリ会い
夏休みの間、それから自然に一緒に勉強するようになった。

3人共、国公立理系を目指し、俺とKが工学部、Mが理学部志望。
目指す大学はそれぞれ違ったが、偏差値的にはほぼ同レベル。
通っていた塾がバラバラだったから、情報の共有をしたり、
分からない所は互いに教え合ったり、問題集を回したりしていた。

毎日公民館で集まり、朝から晩まで勉強。
休館日の月曜は、持ち回りでそれぞれの家で集合し
その日は『テストの日』と決めて、採点し合ったりもした。

11: 10 2014/09/08(月)04:07:22 ID:wkNWbm8YA
その日はMの家の番だった

彼の家は庭が広く、そこに建てたプレハブを自分の部屋として使っていた
俺は常々一人暮らしのようで羨ましいと思っていたが
ただ一つ難点はクーラーは付いておらず、とても暑いことだった。

それを言えば、俺の家も自室にはエアコン無し。
だからこそ公民館での勉強を選んだのだ。

しかし2人が来る時はリビングの冷房効いた部屋でやった。
テレビやゲームとかあるので、一人だと遊んでしまうけれど、
さすがに勉強目的の他人がいれば大丈夫だった。
Kの所もウチと同じ感じだ。

じゃあ何故Mの家ではプレハブなのかというと
Mの母屋には、問題のあるお婆さんがいるからという話で
騒いだりすると怒鳴り込んでくるらしいのだ。

しかし夏のプレハブはおかしくなるほど暑い。
外とほとんど同じだし、熱気が籠るからムシムシする。
特にその日は体感50℃以上に感じた。
お茶とポカリをがぶ飲みしつつ俺達はテストを開始したが、
ポタポタ汗が落ちてノートが濡れるし、頭がクラクラしてくるし、
扇風機は強にしてたけど、焼け石に水状態。
とても勉強どころじゃ無かった。

「しゃーねー、母屋でやろうか」

Mが言い、俺達は母屋へと移動した。

12: 10 2014/09/08(月)04:08:35 ID:wkNWbm8YA
庭に物置じゃなくプレハブを建てるくらいだから
Mの家の敷地が広いのは分かると思う。

俺とKは新興住宅地の他所から来た口だが、
Mは何代にも続く由緒ある地元の家だった。

犬が放し飼いになっている畑の他に
小便のみの男性トイレや倉なんかもあった。
当然、母屋も大きかった。
昔ながらの日本家屋で築年は50年以上だそうだ。

「おじゃましまーす…」

小声で上がる俺達は、広い玄関で靴を脱ぐ。
そこで「ちょっと待ってろ」って言うMが戻るのを待つ。
しばらくしてMが母親と一緒にやってきた。

前回来た時にお昼に素麺をご馳走になったから
俺もKもM母とは顔を合わせている。

「ごめんなさいね、暑かったでしょ」

お盆に氷一杯の麦茶を入れて出迎えてくれた。

「M分かってるわね」

お礼を言ってゴクゴク飲む俺達を横に
M母は注意事項をMに言い聞かせていた。
曰く、大きな声を出さないこと。
客間以外には行かないこと。
トイレも屋外の方で使うこと。

「分かっとるって、大丈夫やよ。
 もう高校なんやし、小学校の時と違うから」

そう言ってMは俺達を玄関すぐの部屋に通した。

13: 10 2014/09/08(月)04:09:35 ID:wkNWbm8YA
やっと冷房のある部屋に通された俺達は畳に寝ころんだ。

「はー、生き返るわー」
「まじ茹で上がるとこやった」

そのままヒソヒソ声で言う俺とK。
そうして汗が引くのを待つ間、俺はさっきのMの言葉を聞いてみた。
Mの『小学校の時と違う』というのが妙に引っかかったのだ。

「あ、あー…まぁ、お前らならいいか」

小声でMが語った。

14: 10 2014/09/08(月)04:10:19 ID:wkNWbm8YA
Mのお婆さんは『鬼憑(おにつき)』だという。

10年位前に夫であるMの祖父が亡くなった頃に憑かれた。
急に言動が変わり、穏やかだったのが癇癪持ちになり、
髪もボサボサで伸ばしっぱなし、散髪を嫌がり暴れる。
掃除もしなくなり、服装も乱れ、風呂も嫌がり不潔になった。

精神病の一種なのだろうが、民間信仰で『鬼憑』と呼ぶそうだ。
粗雑で乱暴になり、顔つきが鬼のようになるらしい。
一般の『狐憑(きつねつき)』と特に違うのはうつることだという。

小学校の時というのは、友達の首をM婆が絞めたらしいのだ。
遊びに来て、山姥のような格好のM婆に驚いて泣き出した。
その泣き声に激しく反応し、怒鳴り襲いかかったそうだ。

「幸い大事には至らんかったけど、
 それ以来、友達は呼べなくなったんよ」
「それって誰?」
「○○」

KはMと同じ小学校だから、その名を知っていた。
聞いて驚いており、同時に納得もしていた。
突然授業中に叫んだり、様子がおかしくなり、転校していったそうだ。

「大丈夫なん、Mにはうつらんの?」
「ああ、何か家族はいいみたい。
 だから静かにな」

最後にMが言い、俺とKは頷いた。
ゾッとしたからか汗も引き、それから真面目に勉強した。

それからお昼はカレーをご馳走になり、
テスト形式で問題を解いて採点し合い、
順調に勉強は進んで行った。

15: 10 2014/09/08(月)04:11:40 ID:wkNWbm8YA
「 く ぁ w せ d r f t g y ふ じ こ l p ;」

何処からか聞こえる奇声に気づいたのは、夕方だった。
遠くから大声で叫ぶ声とバンバン何かを叩く音が聞こえた。

「ッち、ちょっと行ってくる」

Mが舌打ちして、部屋を出ていった。
俺とKは顔を見合わせた。
その間も物音と奇声がしていて、やがてパタリと止んだ。

しばらくしてMが戻ってきたが、Tシャツがビロンと伸びていた。
さっきの話と結びつけると、M婆が暴れたのだと思った。
勉強モードは解け、そこでお開きにすることになった。

「なんかゴメンな」
「いや、別に、それより何か大変やな」
「まー、慣れっこになっとるから」
「次からは俺とKの家で回そうか」
「あー…そうやな、変に気を遣わせてスマン」

帰り際に振り返ったMの家は、妙に不気味に思えた。

16: 10 2014/09/08(月)04:13:05 ID:wkNWbm8YA
それから話は大学3年まで飛ぶ。

志望大学に見事合格した俺は、一人暮らしを始めた。
KやMも無事合格し、それぞれ別の大学へと進んだ。
俺は大学で始めたクラシックギターに夢中になり、
KやMとも疎遠になり、盆に帰った時に会うくらいになっていた。

「おい、Mが死んだって」

久々のKからの電話で、開口一番がそれだった。
何でも川にキャンプに行き、は溺れてしまったそうだ。
葬式は中学の時の知人・友人を中心に行うらしい。
その前年に同窓会をしたばかりだから、連絡はスムーズだった。

通夜に行くと、悲しみに沈んだMの母がいた。
俺は会釈をし、お悔やみの言葉を言い、焼香を上げた。
その後、一緒にキャンプに行った友人から詳しい話を聞いた。

何でもMは最近ちょっとおかしかったという。
酒ばっかり飲み、言ったことを覚えてなかったり。
大学もサボりがちで、突然癇癪を起こしたり。

キャンプに行った時も、浴びるように酒を飲んだそうだ。
人が変わったように、愚痴ばかり言っていたという。
そして目を離していた隙に居なくなり、溺死した死体が見つかったと。

17: 10 2014/09/08(月)04:14:09 ID:wkNWbm8YA
俺はKを探し、人ごみに見つけた。
するとKも既にその話を耳にしており、
それだけで無く妙な話も仕入れていた。

「なあ、親戚の人に聞いたんやけど
 Mのお婆さんさ、10年前に亡くなっているんやって」

? 何の話だ。

「Mん家に行ったの覚えてるだろ。
 あの時既に居なかったって」

「え、どういうこと?」

「いや、俺もよく分からん。
 でも、お前もさ、あの叫び声と物音聞こえたよな。
 それとMの爺さんこそ手が付けられん暴れん坊で
 Mと同じ死に方したらしいんや」

18: 10 2014/09/08(月)04:15:16 ID:wkNWbm8YA
俺は夏のあの日を思い出した。
確かに叫び声や物音は聞こえたし、Mの話も思い出した。
辻褄が合わない。

まずM婆が既に高校時点では亡くなっていたこと。
そして新たに出たM爺こそ彼が語った『鬼憑』だったこと。
最後にMもその症状だったこと。

「なぁ、あいつ脳のこと勉強しとったの知っとる?」

KはMが進学した学科について語った。
理学部でも医学部寄りの学科らしい。
Kの推論では、『鬼憑』は遺伝的な精神疾患ではないか。
それを何とかする為にそこを志望したんじゃないか、と。

「いや、でもそうなるとKが知っとる○○って
 『鬼憑』がうつったって子は?」

そう言うとKもウーンと唸った。

結局真相は分からずじまい。
M母に聞くしかしょうがないが、一人息子を亡くし悲嘆に暮れる所を
単なる俺達の好奇心を満たすだけに尋ねるのは憚られる。
それに多分、聞いても答えてくれないだろう。

19: 10 2014/09/08(月)04:21:35 ID:wkNWbm8YA
あれから6年、俺も社会人になった。
就職し、大学の部の後輩と結婚し、子供も出来た。
今年の夏にKと飲み、その話が出て久しぶりに思い出した。
それでここに書き込んでみた。

俺にとっての一番の怖い話だ。
他人はどうか知らない。

大学時代に肝試しとかで心霊スポットに行った事は何度かある。
確かにその場はドキドキする。
帰って一人になって、電気が消せず、点けたまま寝た事もある。
でも振り返って、怖い話かと言われれば首を傾げざるを得ない。

嫁さんが結婚に出産を経て、性格が変わった。
軽く鬱が入っていて、薬を飲んでいる。
この話を選んだのは、それもある気がする。

鬱は俺も勉強した。
マリッジ・ブルーにマタニティ・ブルー、そして今は産後鬱らしい。
原因は様々で、抜本的解決もよく分からないようだ。
『鬼憑』の詳細は知らないが、昔は単純で良かった気がする。
今は複雑で、色んな名前が有り、だけど解決法が不明なのは一緒だ。

俺もツカレテいるのかなと最近思う。

20: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)10:41:15 ID:KiwduWt8C
語ります。

21: 20 2014/09/08(月)10:48:36 ID:KiwduWt8C
当方、セルフスタンドの夜間従業員です。
最近来店されるお客様についてのお話です。

普通深夜のセルフスタンドなんて暇だろなんて思われるかもしれませんが、
当店は昼間程ではないですが深夜も多くのお客様が来店されます。

周辺に24時間体制で営業されているスタンドが無い事、
当店が他のスタンドよりも1~2円ほど安価であることが理由であると思われます。
深夜帯はスタッフが一人体制と言う事もあり、思ったよりも大変です。

22: 20 2014/09/08(月)10:57:45 ID:KiwduWt8C
その上時間帯が深夜ということもあり、変わったお客様が来店される事も多いです。

暴走族もどきや痴呆症を患っているお年寄り、
ホステスやホストといった所謂夜の職業の方
顔や手首以外に本格的な刺青を入れた方もおられます。

変なクレームをつけられることも多く、今の職場で長続きする人は少ないです。
一度男子トイレ内で同性愛者のカップルが如何わしい行為に及び、
その後水とローションでベタベタになった床を半泣き状態で片付けた事もありました。

23: 20 2014/09/08(月)11:10:34 ID:KiwduWt8C
そんな中、私はお核様の中で非常に『違和感』のある方が居られる事に気づきました。

最初は自分でも疲れているのだろうと思い気にしないよう努めていたのですが、
やはり何か変です。

何が変なのかと言うと、その方々は人間の決まりを守っていないのです。

美術で人物画を描いたことがある方なら理解しやすいと思いますが、
人物の顔を書くときにはまず、逆卵型の楕円を書きそこを四つに分けるように十字を書きます。
そこに目や鼻、口を配置していきます。
そのパーツの形や配置関係によって美人や不細工が生まれてくる訳ですが、

どんな人間でも四つに分けた中の2つの部分、ましてや1つの部分に顔のパーツが集中していることなんてありえない。
よく見ると体のバランスもおかしい。
腕や足のつき方も構造上おかしい様な気がする。

なのにふらつくこともなく、しっかりとした足取りで歩いている。

24: 20 2014/09/08(月)11:23:09 ID:KiwduWt8C
何かマズイ
そう感じた私がした事は

「いらっしゃいませ」

変だと気づいてない振りをすることでした。

大抵のスタンドには出入り口が3つあります。
その中の裏口に相当する出口よりいつでも逃げられるように身構えていると、
そいつはゆっくりと男子トイレの中へと入って行きました。

トイレには防音が施され、当然監視カメラの類も設置されていません。
ですから中の様子を窺い知ることはてきません。

幾台かの車が出入りする中、お客様の一人がトイレに入りました。
正直焦りましたが、そのお客様は何事もなく出て行きました。

怖々トイレの中を見てみると誰もいません。
ホッとしたところでその日の勤務は終了しました。

25: 20 2014/09/08(月)11:24:58 ID:KiwduWt8C
すいません
今夜勤務入ってしまったので寝ます。

帰ってきてもまだあったら続きを語ります。
それでは

26: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)12:14:04 ID:0xugmZg1C
>>10
怖いってより不気味かな
他人事だったのが最後、自分事になるみたいで
まあ一発目((o・д・)bグッジョブ♪

>>20
顔が変って訳じゃないんだよね
続きヾ(*ゝω・)ノ))マッテルニョ♪

28: 20 2014/09/09(火)09:27:33 ID:68VoT2can
只今戻りました。

やっぱり10時間はしんどいですね

>>26
変といえば変なのですが、目が2つ縦に並んでいたり鼻が頬に付いていたりと
福笑いの失敗作をリアルに再現されている感じです。
手も肩から生えているのではなく、胸や脇腹あたりから生えていて
足は恐らく臀部から生えていたと思います。

服は普通にシャツやジーンズを来ていました。
普通そんな体型に合う様な服は無いはずなのに私が見た限りでは普通に着ていました。

29: 20 2014/09/09(火)09:37:12 ID:68VoT2can
そいつはその後も何回か来店しました。

来店する度に顔や体のパーツの位置が異なっていました。
その為、店に来るそいつが同一個体なのか何体も存在する内の一体なのかは不明です。

来店する時間は大体、深夜1時~3時半までの間
決まって男子か女子トイレに入り、いつの間にか消えます。
狙ってやっているのかどうかは不明ですが監視カメラの映る範囲には絶対に侵入しません。

30: 20 2014/09/09(火)09:53:10 ID:68VoT2can
ここからは私の考察が入りますが、
そいつは人間に擬態しようとしているのではないでしょうか?

人間に対する知識が無いため福笑いの出来損ないのような姿になってしまうのではないでしょうか?

問題なのは人間に擬態して何をしようとしているのかです。
何事もなくトイレから出てきたお客様が実は…なんて事も考えてしまいます。

果たしてそいつら『出来損ない』の正体は何なのでしょうか?
私個人としては狐や狸等の可愛らしい物を望みますが、尻尾は見えませんでしたしね

まぁ私達の様な商売はトイレに何が潜んでようが
「トイレ貸して」
というお客様の声に逆らう術は持ち合わせておりません故
例え中に人を食らう化物が潜んでいようともお貸しします。

これも全て当店より苦情を出さないため
死人は苦情を言いませんからね

皆様も深夜にトイレ等の個室に入る際にはどうかお気を付けて
店員はトイレの中に居る物については一切の責任を持ちかねます。

以上です

31: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)11:18:12 ID:bB9BsZY1n
>>30
はじめグーニーズに出ていた奇形みたいな話かと思ったが
最後で妖怪人間ベムっぽくなったw

スタンドの他の人は何て言ってんの?

32: 20 2014/09/09(火)12:05:17 ID:68VoT2can
>>31
シフトの半分以上を私が埋めている上に他の夜間スタッフは老眼が進んで目があまり見えなかったり
まともに見回りをせずに監視室で携帯をいじってたりで気づいてないと思われます。

オカルト掲示板なので『出来損ない』に焦点を当てて語らせていただきましたが
実際はたまに来店し男子トイレで公序良俗に反する行為を行う同性愛者の方々や
どう見てもカタギに見えず、車で来店されているにも関わらず酒の臭気を放っておられる方々
奇声を発し暴れまわる不良外人の方が驚異度は高いと思われます。

今日も大声で意味不明な言葉を発しながら自分が乗ってきた車を蹴りまくっていた人がいました。
(どう見ても脛で蹴っていたため、本人も相当痛いと思いますが)

連れ去られそうになっている現場を見たこともあります。
実際に連れ去ららたって話も聞きました。

警察の方も見に来てくれたりしますが、一向に改善される気配がありません。

33: 20 2014/09/09(火)12:12:43 ID:68VoT2can
そういう現実的な危険があるため『出来損ない』みたいなのには目が行きにくいと思われます。

私からしてもそいつが来店する時間帯までに監視カメラの範囲外の仕事を終わらせ
いなくなるまでは計器の清掃や洗濯等の仕事をしているため実害はありませんし
まぁ監視カメラ外でそいつがどんな行動をしているのかは解りませんが

34: 20 2014/09/09(火)12:20:00 ID:68VoT2can
その上にこの様な話は匿名の掲示板でない限り他人には話しにくいものです。

見ていない人にとっては正に「何言ってんの?大丈夫?」なんて言われかねませんから

バックれた方々も多数いて、その方々なら何か見ているかもしれませんが
何も語らずに行方を眩ませましたね。

35: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)12:41:31 ID:9Pun0xoPP
>>20
面白かった!
狙われないように気を付けてね!

36: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)13:50:27 ID:mKupxVfi6
誰かいるかな?

37: 名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土)14:37:31 ID:mKupxVfi6
婆ちゃんから聞いた話を一つ投下

まず、家の母方の婆ちゃんの事を詳しく書いておこう。

婆ちゃんは母の実家のある地域でかなり大きな家の主をやっている。
母の親父さん、つまり俺の爺さんが40代そこそこで死んでしまったためだ。
自分の婆ちゃんなのにこんな事言うのもなんだけど
すごく人情に厚く、しっかりしている人なんだ

そんな訳で周りの人がよく婆ちゃんに相談を持ちかけてくる。
その中で、是非婆ちゃんに葬式に出席して欲しいって話があった。

何でもその亡くなった人達(2人)はどうもあまり他人に良く思われていなかったらしく
葬式に出席する人が集まらないそうだ
結構金持ちの家なので香典とかが集まらなくても葬式自体は何とかなるみたいなのだが、
頭数だけはどうにもならず遺族の人たちが婆ちゃんに相談に来た訳だ。

亡くなった2人は生前確かに阿漕な事を数多くやってきた。
しかし、葬式という場は最後に送り出す場である。
故人に何より遺族の人達に恥をかかせてはいけない。

婆ちゃんはそんな思いを胸に頭数を集めた。
俺の両親は当時自営業を営んでいて、忙しくて来れなかったけれど
婆ちゃんに預けられていた子供の俺は婆ちゃんに着いていった。

38: 37 2014/10/04(土)14:55:31 ID:mKupxVfi6
故人宅に到着したとき、俺は別室で待たされ婆ちゃんだけが遺族の人達から呼ばれた。
俺はなんだろう?とは思ったが、まあ大人の話が有るんだろうぐらいにしか考えず
出された菓子をひたすら食っていた。

しばらく待っていると婆ちゃんが戻ってきた。
そして戻ってくるなり俺に
一人で婆ちゃんの家に帰れるな?直ぐに帰りなさい
と言ってきた。

子供ながらに何で?と思ったが、母から婆ちゃんの言うことをよく聞くように言われていたのと
婆ちゃんの顔が今までに見たことが無いくらいにこわばっていたため
なにも尋ねず婆ちゃんの家に帰った。

で、俺が婆ちゃんの家でテレビを見ながら婆ちゃんが帰ってくるのを待っていると、
(土曜日に志村けんの番組を見ていたから8時ぐらいかな?)
婆ちゃんは帰ってきた。
そして、ただいまも言わず俺に
○○話がある。と言う

人は知らず知らずに他人から恨みを買っているものだ。
しかし、自分から恨みを買うような真似は絶対にするな。

それが婆ちゃんからの話だった。

39: 37 2014/10/04(土)14:59:04 ID:mKupxVfi6
以上が子供の頃の話

41: 名無しさん@おーぷん 2014/11/06(木)20:45:36 ID:8Qbmf3xTW
俺が妹と話してる時必ず弟が乱入するんだが
(外出してても帰ってくる)
あいつ何なの?
盗聴機でも仕掛けてるの?
つーかそこまでする意味を考えると気持ち悪い